>>Follow Us

September 9, 2019

11月24日(日)
1部:10:00-12:00

「アメリカにおけるATC/理学療法の現状」〜教育制度/資格取得/労働環境から保険制度〜
1部 参加費:3.000円 

2部:13:00-16:00

「アメリカにおけるエビデンスに基づく脊柱の理学療法(EBP)」〜セントオーガスティン大学で学ぶ18steps評価と徒手療法〜
2部 参加費:5.000円

1部/2部 両方参加者:早割7.000円(9月中)

講師:ソン イルソン先生 (DPT、JATI-ATI、鍼灸師)
(略歴)
2011年:関西医療大学卒業 JATI-ATI、鍼灸師資格取得
201...

May 5, 2019

【講師】小笠原 一生 先生

大阪大学大学院 医学系研究科 健康スポーツ科学講座 助教

【小笠原ゼミFB】https://www.facebook.com/ogasawara.lab/

【日程】6月8日(土)14時~18時

【定員】30名

【参加費】8.000円

【場所】平成医療学園専門学校 第2校舎 6階

https://www.heisei-iryo-gakuen.ac.jp/outline/access/?gclid=CjwKCAjw8LTmBRBCEiwAbhh-6Onhe1-Koa-uNIvBN8TfoJUWJE-_H-U4XtVVo4h...

October 2, 2018

【講師】江玉 睦明 先生  
新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部/
理学療法学科 准教授

【日程】10月27日(土)14時~18時

【定員】30名

【参加費】8.000円

【場所】NATULUCK神田駅東口店 大会議室

東京都中央区日本橋本町4-5-14本町ビル3階

JR中央線(快速) 神田から徒歩5分
JR総武本線 新日本橋から徒歩2分
東京メトロ銀座線 三越前から徒歩3分

【セミナー要約】
 スポーツ傷害の上位を占める「足関節 外側靭帯損傷」では前距腓靭帯(ATFL)の損傷が多いですが、ATFLは2つに分かれるタイプがある事をご存知でし...

September 18, 2018

【臨床データ解析のための基礎統計学セミナー ※R使用】

講師:福森 貢 先生 畿央大学 健康科学部 教授

9/24(月 祝) 10:00-15:00  
第2回 仮説検定
・t検定、F検定、ウィルコクソン符号順位検定、マン・ホイットニー検定、カイ2乗検定、フィッシャー直接確率検定、マクネマー検定

会場:平成医療学園専門学校 第2校舎 7F

10/13(土)14:30-18:30  
第3回 
・正規性の検定(正規確率プロット) 
・相関係数
・多重比較法

会場:日本シグマックス(株)西日本営業所 会議室
  
11/24(土)第4回 14:3...

July 6, 2018

「スポーツ傷害予防に必要な統計の基礎知識」

講師:福森 貢先生(畿央大学 理学療法学科 教授)

日時:7月15日(日)10時~17時

場所:大阪リゾート&スポーツ専門学校 2号館 3階

大阪市営地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」より徒歩3分

阪急京都線「南方駅」より徒歩3分

JR新大阪駅より徒歩10分

http://www.sanko.ac.jp/osaka-sports/accessmap/

定員:15名程度

参加費:8.000円

【概要】

「腹筋が弱いと腰痛が出やすい?」「足関節が硬いと捻挫しやすい?」。

スポーツ現場や臨床現場において、何となくの印象で「...

June 4, 2018

【スポーツ傷害予防セミナーin Tokyo】【ライントレーニング コラボ企画】

*「スポーツ傷害予防」や「学会発表」など、実際に取り組みたい方にはオススメのセミナーです。

 午前中に高林先生からレクチャー頂いた足の評価法(例:ご自分の足 内側縦アーチデータ)を、午後 亀山先生から実際にデータ解析法を学び、「片脚立ちと内側縦アーチの関係性」 等を例題として実学で学んでいきます。

「7月8日」 
9:30-12:30
1・「足部のバイオメカニクスと足部障害に対する評価方法」
講師:高林 知也 先生(新潟医療福祉大学 理学療法学科 助教)
13...

April 14, 2018

『股関節の屈曲・伸展制限に対する機能解剖学的アプローチ〜機能解剖学と超音波より考えられる病態とそのアプローチ方法〜』
 

【講師】
齊藤 正佳 先生 (名古屋スポーツクリニック/理学療法士)

 

●6月9日(土) 16時30分~20時30分 

1日目:股関節の屈曲・伸展制限に対する運動療法(講義中心*実技あり)
 

●6月10日(日)10時00分~16時00分 

2日目:股関節の屈曲・伸展制限に対する運動器エコー実技 

【要約】
 股関節運動における屈曲・伸展障害は、日々の臨床にて多々経験し、その際に生じる疼痛は鼠径部痛として扱われることが多い...

November 3, 2016

テーマ:
1.「骨盤/胸郭機能からみた姿勢アライメント評価(仮)」

 「エコーを用いた下肢スポーツ障害予防~オスグッド/ジョーンズ骨折 など(仮)」

2.「スポーツ障害発症予測モデルの提案(仮)」

【日 時】
◎2017年2月11日(土)

○第1部:14時~16時
「骨盤/胸郭機能からみた姿勢アライメント評価(仮)」
○第2部16時10分~18時

「エコーを用いた下肢スポーツ障害予防~オスグッド/ジョーンズ骨折 など(仮)」

【講 師】秋吉 直樹 先生   

(おゆみの整形外科クリニック Jリーグ所属 理学療法士)

◎2017年2月12日...

November 3, 2016

テーマ:
「歩行のバイオメカニクス~変形性膝関節と正常歩行との力学データの比較~」

【日 時】
◎2017年1月21日(土)13時〜17時

【講 師】勝平 純司 先生   

(新潟医療福祉大学 医療技術学部 准教授)


【会 場】121SSC (121スポーツサイエンスセンター)

大阪市中央区平野町2丁目6-5 みすやビル 4F TEL:06-4708-5593

〈最寄り駅〉

●地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅より徒歩9分

●京阪本線「淀屋橋」駅より徒歩9分

●地下鉄堺筋線「北浜」駅より徒歩8分

●京阪本線「北浜」駅より徒歩8分

http://...

July 12, 2016

テーマ:
1.「片麻痺者の動作分析に必要なバイオメカニクス」

2.「片麻痺者の残存能力を引き出すバイオメカニクス的手段

  ~T-SupportとTrunk Solutionを用いた歩行介助の実践~

【日 時】
◎2016年10月22日(土)10時〜16時

   「片麻痺者の動作分析に必要なバイオメカニクス」

【講 師】勝平 純司 先生   

(新潟医療福祉大学)

◎2016年10月23日(日)10時〜16時

   「片麻痺者の残存能力を引き出すバイオメカニクス的手段」

     ~T-SupportとTrunk Solutionを用いた...

Please reload

Please reload

>>最新情報

Please reload

Copyright © 2014 aruck lab,All Right Reserved.

  • Facebook Long Shadow
  • Twitter Long Shadow
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now